一括変換してみましょう♪

 前回ご紹介した『TextSS』を使って
 300近くあるHTMLファイルを一括変換してみました。

 実はとってもお利口なこのソフトなんですが
 一括変換にアレルギーがあるので
 超基本の使い方しかしていません。
 が、それだけでもじゅうぶん救世主でした。
 正直、マニアックな使い方をご説明する自信がないので
 慣れてきたらマニュアルを見ながら挑戦してみてください。

 今回書き換えたのは<head>内のメタタグです。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<META http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<link REL="stylesheet" type="text/css" HREF="./style.css">
<meta name="author" content="WAKANA MIMA">
<META NAME="GOOGLEBOT" CONTENT="NOINDEX, NOFOLLOW">
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW">

<title>ひみちゅv(笑)</title>
</head>

 この太字になっている部分を
<META NAME="GOOGLEBOT" CONTENT="NOINDEX, NOFOLLOW">
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NONE">
<META NAME="robots" CONTENT="none">
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW,NOARCHIVE">
<META NAME="robots" CONTENT="noindex,nofollow,noarchive">
 と書き換えます。

 まずソフトを立ち上げ、フォルダを選択します。
 s-ts1.jpg
 するとフォルダ内のファイルの一覧が窓内に表示されます。
 この時点でバックアップファイルもできています。
 いい子・・・!

 今回はファイル内の全てのメタタグを書き換えますので
 拡張子が「*.htm;*.html」になっている状態で
 上のタブで「置換語句の設定」に移動します。

 上のテキストエリアに書き換え前の文字列
 下のテキストエリアに修正後の文字列を入力します。
 s-ts2.jpg
 ワイルドカードのチェックは初心者の方は
 一応のために外しておきましょう。
 私は大文字小文字に無頓着にタグを組んでしまったので
 「半角英字大小区別無し」にチェックを入れてあります;

 さらに上のタブで隣の「置換開始と結果」に移動します。
 「置換方法を指定」ボタンをクリックすると
 ポップアップで画面が開きます。
 「現在表示している置換語句リストで一語を置換」を選び
 「非書込テスト置換」のチェックを外して「置換開始」。

 ※初めての方や不安な方はどんな具合になるか
 「非書込テスト置換」にチェックしてテストすることを
 おすすめします。
 s-ts3.jpg

 こんな画面が出てきますので内容を確認。
 s-ts4.jpg
 ひとつひとつ確認したい場合は「置換実行」
 フォルダ毎に確認したい場合は「ファイル内を全て置換」
 おー、よいよい。めんどうくさいなよきにはからえ
 と言うかたは「以降すべて置換」で一気にできます。

 終わると元の画面になりますが、一覧がすごい色になっています。
 水色で表示されているファイルは正常に置換が終了した
 ということです。
 s-ts5.jpg

 白いままのものや、水色以外のものは
 リスト上で右クリックし、メモ帳で開いてみましょう。
 綴りが違っていたりしていませんか?

 また、このソフトはこの使い方ですと
 Tab空白やスペース等も文字として認識します。
 つまり、空白が入っていると別の文字列と思われてしまうのです。

 ファイルが少ないようでしたら再置換できると思います。
 あまりに多いようでしたら頑張って
 ワイルドカードを使ってください・・・

 ちなみに、再置換すると、一度目に置換が成功したものは
 次回では「無置換」になってしまいます。
 どれが成功したもので、どれがまだできていないのかが
 わからなくなってしまいますので
 置換がすんでいるものは置換無視の命令を出した方が
 わかりやすいと思います。

 やり方は表の「状態」の欄で左クリックするだけ。
 そうするとその列は黄色く表示され
 「状態」欄に「置換無視」と表示されます。

 以上、本気で初心者な上に小心者の使い方でした〜☆
 いざとなったらバックアップを復活させればいいので
 ぜひ挑戦してみてくださいね♪

一括変換ソフト

 あああああもう大感動です!
 うわ、興ざめ。「代官道」って出てきた。
 悪代官道だったら極めてもいいです。

 ってそんなことはどうでもいいのですー!
 今ね、サイトのHTMLファイルのMETAタグを
 一斉に書き換えたところなんです・・・が。

 一瞬でした。一瞬。
 300近い数のファイルの書き換えが一瞬です!
 一年以上もテキストサイトなんてやってたら
 こんなことになってしまうのですよ(笑)

 あ〜、一括変換ソフトねたか・・・
 と、がっかりした人の大多数は
 一括変換ソフトをすでにお持ちで
 かつ使いこなしているかたでしょう。

 しかし残りのガッカリさんはダウンロード嫌いさんか
 試してみたけど使えなかったの。というかたなのでは?

 かくいう私も今までに2つほど一括変換ソフトを
 ダウンロードしています。
 どっちも使えませんでした・・・
 ファイルを破壊されました。くすんくすん。

 ひとつはそもそもXP非対応のソフトで
 ひとつはマニュアルが難しくてわからなかったのです。
 つまりどちらも作者さんではなく私に非があるのです(笑)

 しかーししかし、ついにめぐり合えました。
 XP,Me,2000,98,95,NT対応・マニュアルも簡潔!
 ・・・というか読まなくても使えるくらいわかりやすい
 フリーソフト!←貧乏人的に重要

 こちらです。
 TextSS

 画面はこんな感じ。
 s-tss.jpg

 初心者でもファイルを破壊しない使い方を
 書こうと思ったのですが
 長くなりそうだから次にします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。