被リンク・相互リンク

 長いこと放ったらかしにしてしまいました;
 SEOからの逆説的検索避け方法を模索している最中です。

 SEOでは被リンクをとても重要視します。
 色々なサイトからリンクされているサイトは
 色々な人の役に立つに違いないと検索ロボットは考えます。
 ですから被リンクの多いサイトは検索結果上位に表示される。

 さて、ここでです。
 SEOをやる人はどんな人かというと、
 ネット上でお金稼ぎをしている人か有名になりたい人です。
 訪問者が多ければ多いほど儲かるし、人目につきます。

 同人サイトでお金稼ごうなんてダメですよ。
 非営利だから何とか今のところ見逃してもらっているというのも
 ありますからね;
 有名になりたいなら素直にオリジナルの創作をしてください。
 同人サイトと比べればカウンタの回りは遅いかもしれないですが
 盗作されたらちゃんと著作権を主張できる。
 出版社からも睨まれない。悪意ある人に弱みを握られない。
 表で頑張りましょう……!


 話を戻しましてSEOをしている人が
 被リンク稼ぎのために力を入れる方法のひとつが相互リンクです。
 イコール、アクセスアップの手段ということですね。

 相互リンクをすることによってよりたくさんの人が来てくれる。
 さらにたくさん表示されるし、被リンクも増えるしで
 検索エンジンの上位に表示されやすくなる。

 ここのところを忘れてはいけないのです。

 最近「相互リンク」という言葉が流行?というか
 一般浸透していますよね。
 ブログやサイトを持っている人なら大抵知っているんじゃ……?

 そのうちの何パーセントの人が相互リンクをすることによる
 メリット・デメリットを知っているのでしょうか。
 (割愛しますがSEO上の相互リンクのデメリットも存在します)

 恐らく同人サイトで相互リンクを熱心にしている人は
 その意味をわからずにやっているのです。
 アクセスアップを意識している人はいますが
 そもそもそのアクセスアップを何かの目的でやっている人は
 ほとんどいないと思います。

 ただ単にカウンタが早く回ると気分がいいから。
 相互リンクがいっぱい並んでいると人気があるような気がするから。
 自慢できるから。
 人気が出るとちやほやされるから。
 そんなところではないでしょうか。

 ちょっときつい言葉になりましたが
 その感情自体を否定するものではありません。
 ただ、裁判沙汰になり得る可能性を秘めていると
 そこまで覚悟してやっている人はいないと思います。
 だからちょっと厳しく言ってみました。
 傷ついたらごめんなさい。


 相互リンクを趣味のように行っている管理人さんを
 たくさん知っています。
 趣味だったらいいんです。
 趣味のあう人同士でたくさん友達の和を作ったら
 ちょっとした検索エンジンみたいになって
 色々な人の役に立つと思います。

 問題は「相互リンクは嫌い」という管理人さんに
 相互リンクを持ちかけること。

 「嫌い」と言い切る管理人さんは結構長くやっている人です。
 高確率で高アクセスサイトです。
 こういうところは常連さんと管理人さんの仲がかなり良いです。
 うっかりそんなところに飛び込んで
 「相互しましょv」なんて言ったらえらい目に遭います。
 下手したら荒らされますよ(笑)

 手っ取り早くアクセスを稼ぐために有名サイトにばかり
 相互申し込みをしている人をたまに見かけます。
 しかしそれはもしかしたら原作製作社うんぬんより
 危険な人を呼び込みかねない行為だということを
 忘れてはいけません。
 おまけに相互相手が検索避けしていなかったら
 何かあったときは道連れですからね……

 Googleでは「ページランク」という基準があります。
 ページランクが高いサイトは上位表示されやすい傾向があります。
 (ランクが全てではありません)
 被リンクが多く、ページ表示回数が高いサイトは
 ページランクが高いです。
 ページランクの高いサイトから被リンクされると
 ページランクが上がります。
 上位表示されやすくなるのでご注意下さい。
 検索避けしているサイトにはページランクはつかないようですが。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。